燃料ラインをPtfeにアップグレード| BESTEFLON

自動車用ブレーキの種類に応じて、油圧ブレーキホース、空気ブレーキホース、真空ブレーキホースに分けることができます。材質により、ゴム製ブレーキホース、ナイロン製ブレーキホース、PTFEブレーキホースに分かれています。

ゴム製ブレーキホースは、引張強度が高く、取り付けが簡単であるというメリットがありますが、長期間使用しても表面が経年劣化しやすいというデメリットがあります。

低温の場合、ナイロンブレーキホースの引張強度が弱くなり、外力の影響を受けて破損しやすくなります 

しかし、PTFEホースは高温耐性、低温耐性、高圧耐性、耐摩耗性、耐食性などの特性を備えており、耐用年数が長いため、頻繁に交換する必要はありません。彼は他の2つの資料の欠点を補うことができます

安全性、寿命、およびパフォーマンスを最優先事項にする必要があります。E85またはエタノールは、要求の厳しいアプリケーションに必要なオクタン価と潜在的な電力を提供できる経済的で効率的な燃料であることが証明されています。しかし、現代の燃料に含まれる添加剤は、ほとんどの材料を硬化させて劣化させる可能性があります。これは潜在的に危険な漏れにつながる可能性があり、悪臭を残す可能性があります。燃料ラインが劣化すると、ホースの粒子が貧弱になると、燃料インジェクターとキャブレターチャネルが汚染されて詰まり、パフォーマンスに影響を及ぼし、問題を引き起こす可能性があります。

最良の解決策は、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)材料です。PTFEは、入手可能な最も薄くて軽い燃料ホースであるプラスチック材料です。高弾性グレードの304ステンレス鋼と滑らかな内側のPTFEチューブを組み合わせて流れを増やし、複雑な外部構造により、信じられないほどの柔軟性を提供します。内部のPTFEチューブは、あらゆる燃料での使用に適しており、摂氏260度までの温度に耐えることができます。燃料劣化の影響を受けないため、燃料蒸気が漏れません。

燃料システムに関する一般的な推奨事項:

インストールするとき PTFEホース 車両では、燃料ホースを熱源、鋭いエッジ、可動部品から遠ざけてください。電源システムの動きには、常に十分なクリアランスを確保してください。サスペンションとトランスミッションシステムのコンポーネント間のクリアランスを確認してください。燃料ホースを絞ったり伸ばしたりしないように、プロセス全体を通してサスペンションコンポーネントを必ず確認してください。道路の破片や高温の影響を受けやすい燃料ホースには、ステンレス鋼またはハードワイヤーで編んだPTFE燃料ホースを使用してください。ほつれを防ぐために、ホースをしっかりと固定してください。ジグは、他のコンポーネントの振動を減らすのにも役立ちます。パネルをホースで通すときは、適切なパーティションフィッティングを使用してください

あなたも好きかも


投稿時間:2021年9月17日